小児歯科

成長発育の途中にある子どもにとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。もし、お母さんが、「乳歯の虫歯はそのうち生えかわるから放置しても大丈夫」と思っているのであれば、それは重大な問題です。例えば、虫歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子どもでも本能的に虫歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。これが小さな子どもで習慣づいてくるとどうでしょう。数年後には、筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらには、これが全身面へ波及し、背骨の歪みまで影響することがあります。

子どもの虫歯の原因

歯磨きが上手くできない

原因の1つには「歯磨きが上手くできない」ということが挙げられます。歯磨きは、ただ歯ブラシで歯をこすればいいというものではありません。きちんと歯垢(プラーク)を落とすためには適切な磨き方、つまり技術が必要です。子どもの場合、その技術を身につけていないため、口内の清掃が不充分になってしまうのです。

乳歯のエナメル質や象牙質の薄さ

2つ目の原因には「乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄い」という点が挙げられます。永久歯の半分ほどの厚みしかない乳歯のエナメル質や象牙質は、あっという間に虫歯菌に浸食され、神経まで達してしまうのです。

食べカスが溜まりやすい

3つ目の原因は「乳歯は食べカスが溜まりやすい」という点です。特に乳歯の奥歯の溝は清掃が不完全となり、虫歯菌が繁殖し、酸を出しやすい環境を作ってしまうのです。

虫歯にさせないための治療

フッ素塗布について

フッ素は虫歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的に取り込むことが出来ます。

  • ① 歯をきれいに磨き、エアーを吹き付け歯の表面を乾燥させる
  • ② 脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗る
  • ③ フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさける
シーラントについて

奥歯の噛む面には溝があり、虫歯が出来やすいところです。ここにシールをして虫歯を予防する方法があります。これがシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。シーラントを行ったからといって、必ずしも虫歯が出来なくなるというものではありません。また、これらの処置は初期の虫歯の治療法としても行います。

お子様の歯並び、気になりませんか?

小児矯正

患者さん本人やお父さんお母さんが、子どもの歯並びの悪さに気付かれるのは、大体6~7歳ごろです。この時期に、上下の前歯が重なって生えてくるからです。子どもは、10代中ごろまでが成長期です。この時期にあごの骨を正しく発育させ、正しい歯並びで歯を正しく機能させるようにしていかなくてはいけません。

▲ページの先頭へ戻る

歯科タウン
おりかさ歯科クリニック

〒038-0006 [アクセスマップ]
青森県青森市三好1丁目13-7
TEL:017-761-5533

【クリニック診療時間】

(月~金)
午前9:30~午後1:00
午前2:00~午後7:00
(土曜日)
午前9:00~午後2:00
(休診日)
日曜、祝日
使用可能カード